お知らせ

太陽と情熱の国、スペインを堪能しよう。

2018/08/24 海外旅行保険

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」 取扱代理店ニュータスのサイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。
8月24日、三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」サイトのブログはスペインについてお届けいたします。
太陽と情熱の国というイメージですが、海外旅行でも人気が高い行先を基本的なことからご紹介していきます。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

太陽と情熱の国、スペインを堪能しよう。

スペイン基本情報


人口 4,652万

面積 504,782平方キロメートル

首都 マドリード

公用語 スペイン語

通貨 ユーロ

日本との時差 -8時間


スペイン行きの飛行機で、唯一直行便があるのはイベリア航空ですが、
日本航空(JAL)は同じアライアンスで共同運航しているので、JAL機材で運航しています。
成田空港からの飛行時間は約14時間ほどです。


気候は、地形と海流が影響し合うスペインでは、地方によって大きく気候が異なります。
 北から大きく3つに分けると、北部のカンタブリア海沿岸は雨が多く、夏は涼しく冬は温暖な海洋性気候。
マドリッドを中心とした中央部は、昼夜で気温の差が大きく、夏は暑く冬は寒い大陸性気候。
スペイン東部や南部などの地中海沿岸地域は、年間を通して温暖で乾燥した地中海性気候。
旅行に適したシーズンは一般的には4~10月で、夏(6~8月)は気温が40℃前後に上昇することもありますが、
湿気が少ないので日陰に入ればしのぎやすいでしょう。

パラドール

折角スペインまで旅行されるのであれば、
スペイン特有のホテルといえば「パラドール(Parador)」。
かつての城や宮殿、由緒ある修道院など歴史的に価値の高い建造物を改装した国営ホテルです。
広大な国土を有するスペインに100か所ほど営業をしています。
スペインでの観光推進の目的も兼ねているため、主要都市にはありませんが、地方へ足を伸ばした際には、
ぜひホテル選択の一つにしてほしいと思います。
いずれも絶好のロケーションに位置し、食事が美味しいのが特徴です。

スペイン観光名所

スペインは歴史的にもヨーロッパの主要国であったため、建築物や文化の面からも見ておくべき観光名所が数多く存在します。
広大な国土からとても一回の海外旅行で回り切れませんので、その魅力を存分に味わうためにも出来れば何度も訪れたい国だと思います。
その中から、超有名な観光名所のほんの一例をご紹介します。

サグラダファミリア教会

サグラダ ファミリアは、バルセロナで一番の名所です。
この巨大な公会堂の設計を手掛けたのは、建築家アントニ・ガウディ。
特徴的な 8 本の塔はバルセロナのほとんどの場所から見えるほど高く、毎日何千人もの観光客が訪れては、塔の上でバルセロナの絶景を胸に焼き付けていきます。

大胆なデザインを採用しているため、いまだに完成しておらず、少なくとも 2020 年代の終わりまでは完成しないだろうといわれています。
建設計画が始まったのは 1882 年でしたが、1883 年からガウディが設計を引き継ぐこととなりました。
ガウディはサグラダ ファミリアの建築に晩年をささげますが、残念ながら完成のめどが立つ前に亡くなってしまいました。
現在、サグラダ ファミリアはユネスコの世界遺産に登録されています。

アルハンブラ宮殿

高く荒涼としたシエラ・ネバダ山脈の麓、古都グラナダの丘の上に静かに佇む壮麗なアルハンブラ宮殿。
この宮殿が建設されたのは、この地にイスラム教徒によるグラナダ王国が建国された13世紀以降のことです。
イスラム教徒の本拠地だったコルドバ、セビーリャがキリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)によって陥落した後、アラブ系ナスル族出身のムハンマド1世がナスル朝を開国し、1238年にグラナダに都を置いたことに始まります。
アルハンブラ宮殿の意味は「赤い城」。
宮殿と呼ばれていますが、内部は王の宮殿をはじめ、貴族の館やモスク、市場、軍事要塞などが整備された城塞都市を形成し、城内には貴族を中心に2000人以上が暮らしていたと言われています。

グラナダに来たら絶対に行くのがアルハンブラ宮殿です。
そのため、入場は時間帯指定の予約制となっております。
現地での購入もできますが、かなりならばなければならず、午前中でその日のチケットが全て売り切れてしまうことが多いので、日本で前もって予約していくことをお勧めします。

マドリード王宮

マドリード王宮は、スペイン・マドリードにある宮殿。
オリエンテ宮とも呼ばれる、スペイン王の王宮です。
実際には国王や王族は住んでおらず、郊外にあるマドリード王宮より小さなサルスエラ宮殿で暮らしています。
しかし、マドリード王宮はいまだ国の行事に使用されており、宮殿はスペイン政府の所有で、外局の国家遺産局が管理しています。
王宮は、マドリード中心部の西部バイレン通りにあり、東はマンサナーレス川で、マドリード地下鉄オペラ駅が最寄りです。
宮殿は、公的行事で使用される時を除き、一般公開されています。

スペイン料理

スペインでは、朝はコーヒーや朝食のために、昼間はランチやカフェとして、夜は家へ帰る前に1杯…。
このように1日のうちにバルを利用する回数は一度とは限らず、朝から晩まで何度も利用する風習がスペインにはあります。

そして日本のバルに見られるような、提供までに時間のかかる手の込んだ料理はあまりメニューでは見かけません。
(※もちろん、レストランバルとしてきちんと食事を提供しているお店もあります)

スペイン人の夕食の時間は一般的に21時~23時と遅い時間のため、夕食までの空いた小腹を満たすのが一番の目的なんだそうです。
ですので、時間のかかる料理を注文する人は少なく、1杯飲んだら次の店へ行き、2~3軒はしごをしてから帰宅するのが通常なんだとか。

バルで「タパス」とはスペインの小皿料理のこと。
オリーブ、チーズ、ハム類の乾きもの、マリネやサラダなどの冷菜、
アヒージョや揚げ物などの温菜の3つの種類に分けられます。
この3種類をバランスよく注文するのがツウと言われています。

ガスパチョ

こちらも日本でもよく知られている、アンダルシア地方が発祥の冷製スープ。
トマト、きゅうり、ニンニク、玉ねぎ、ピーマン、パンを細かくすりつぶし、水を加えて味を整えざるで漉した、生野菜の旨味たっぷりの夏場の健康食です。
今はミキサーを使いますが、昔は石臼で材料をすりつぶしていました。
 

スペイン風オムレツ

家庭料理やバルのおつまみとして身近な存在のトルティージャは、じゃがいもがたっぷりと入り、ケーキのような丸い形と厚みが特徴。
卵は半熟ではなく、しっかりと火を通すのがスペイン流です。
前述のボカディージョの具として、
パンに挟んで食べるのも美味しくておすすめ!
 

アヒージョ

アヒージョとは、鷹の爪、ニンニク、オリーブオイルで具材を炒める調理法のこと。
具材になるものはマッシュルーム、かたつむりなどがありますが、最もポピュラーなのがエビのアヒージョ。
バルに入ると必ず見かけるメニューです。カスエラと呼ばれる耐熱性の陶器皿で熱々が提供されます。

パエリア

スペイン料理と聞いて、誰もがまず思い浮かべるパエリア。

その本場バレンシアのパエリアは、うさぎ肉や鶏肉、かたつむり、いんげん豆などを使用し、本来は魚介類と無縁なものでした。
ちなみに魚介類が入ったパエリア(Paella de marisco)は、20世紀後半にスペインがツーリズムで発展していく中で作られたものだとか。

チュロス

日本でもドーナツ店などでお馴染みの揚げ菓子。小麦粉でできた生地を星型の搾り器から搾り出し油で揚げた後、蜂蜜や砂糖、シナモンなどで味付けします。
 形は真っ直ぐに切ったものと輪っかの形をしたものとがあり、外側はカリッと固め。濃厚なチョコラテ(ホットチョコレート)に浸しながら、味わいましょう。

フランス、イタリア、ドイツ、イギリス、ヨーロッパには海外旅行で人気のある国が多くあります。
そんな中、スペインは日程も長めになることから、なかなか何回も訪れることは難しいでしょう。
それなら、最初のスペイン旅行が後悔のないものとなるよう願っております。
英語があまり通じない国ですので、トラブルに対しても事前の準備を怠らないよう海外旅行保険の準備もお忘れなく。

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の豆知識

●海外旅行で観光客の集まる場所では、スリ、置き引きによる被害が発生しやすくなります。
三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」では盗難による補償もあります。
しかし、必要となる書類の取付があったりと、せっかくの海外旅行に水を差されないためにも、
人込みの多い場所では、被害にあわないように注意をしましょう。

●前回の海外旅行で、三井住友海上海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」にて
ご契約いただいた場合は、保険終了後2年以内であれば、次回の海外旅行の際の
保険申し込みで「リピート割引」をご利用いただけます。

●病気などによる病院への治療費や、盗難などによる持ち物の補償には、お支払い時に
必要となる書類がそれぞれございますので、日本語による三井住友海上海外旅行
保険のカスタマー窓口までお問い合わせください。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる