お知らせ

まだまだ魅力を語りつくせないハワイ2 (続 オアフ島編)

2018/07/06 お知らせ

以前にハワイについての投稿をアップしましたが、今回はハワイ記事の第2弾となります。
今回もオアフ島内の人気スポットについて紹介していきます。
ホノルルの宿泊ホテルから、移動をしてどこに行くべきか?
オアフ島を満喫するための各スポットを見ていきましょう。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

まだまだ魅力を語りつくせないハワイ2 (続 オアフ島編)

ダイヤモンドヘッド

オアフ島の南端から真っ青な海を見下ろすダイヤモンドヘッド。
ハワイを代表するスポットとして、世界中から多くの観光客が訪れています。
海底火山の活動によって海面に隆起したハワイ諸島。
オアフ島が形成されたのは500万〜300万年前とされ、ダイヤモンドヘッドは30万年ほど前の噴火によって誕生したと考えられています。
火口が大きく火砕丘(火山の砕屑物でできた丘)が低い典型的なマグマ水蒸気爆発の特徴を持ち、現在は火山活動を停止しています。
ダイヤモンドヘッドはただ眺めるだけではく、標高232mの頂上に登ることができます。
火口の中央部付近に駐車場があり、そこからの道のりは1kmと少し。
大人の足で片道30分、休み休み歩いても1時間あれば登頂できます。
頂上からは、エメラルドブルーに輝くワイキキビーチをはじめ、賑やかなホノルルの街並み、南東エリアで人気のココクレーターやココヘッドなど、360度の絶景を眺めることができます。
海と森にビルが融合する、ハワイらしい風景を楽しみましょう。

戦艦ミズーリ記念館

この船の甲板で日本の降伏文書調印式が行われたことは有名ですね。
現在はハワイのパールハーバーのフォード島に係留され、記念館として一般公開されています。
内部を改装した艦内では、史実や船上の生活について学べる日本語ガイドツアーも用意されています。
全長270.4メートルの巨大な船上では、主砲の16インチ砲をはじめ、本物のミサイル砲台も間近に見ることができ、大迫力です。
歴史の生き証人である戦艦ミズーリ号をぜひ訪ねてはいかがでしょう。

アリゾナ記念館

アリゾナ記念館は、真珠湾攻撃で沈んだ戦艦アリゾナ号の上に建てられた記念碑です。
記念館では海中に沈没した戦艦の姿を見ることができます。
当時の写真や遺品も展示されており、いかに戦争が酷いものであったかが伝わってきます。
アリゾナ記念館へはボートでしか行けないため、1日の見学人数には制限があります。
見学はツアー形式で行われ、所要時間は75分です。
確実に見るためには、朝早く11時ごろには到着しておくと安心です。
混雑時には2時間待ちになることもあるので、旅程にはゆとりを持ちましょう。

ラニアケアビーチ

泳いだり、マリンレジャー以外にもビーチを楽しみたいという方には、野生のウミガメを間近に見て、心が癒されるのはいかがでしょう。
ウミガメを見ることに特化すれば、ノースショアのラニアケアビーチが最も有名ではないでしょうか。
ラニアケアビーチでは、高確率でウミガメが日光浴する様子を見る事ができます。
運が良ければ、小さな子供のウミガメにも会うことができるかもしれません。
なかなか、これほど間近でウミガメを見る機会はありませんので、オアフ島の北端まで足を延ばす価値はあります。
ウミガメの保護の為、触ったり、餌をあげたりすることはできませんのでご注意を

カイルアビーチパーク

カイルア ビーチ パークは、全米ベストビーチ・ランキングの常連にもなっている透明な海水とシュガーパウダーのような白い砂浜が人気のビーチで、「全米1美しいビーチ」に選ばれたこともあります。
また、ウミガメに高い確率で出会うことが出来る真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海が美しいビーチです。
沖合には、シンボルとも言える双子の島「モクルア島」が見えます。
貿易風により風が強いので、ウィンドサーフィンやボディボード、カヤックなどウォータースポーツを楽しむことができます。

シャークス コーヴ

オアフ島でのシュノーケリングには人気のハナウマベイ以外でも、素晴らしいシュノーケリングスポットがあってその一つが、シャークスコーブです。
ハナウマベイで不満となる駐車場に車を止めるために並ぶ必要が無く、人が少ないので落ち着いて見たいスポットが見ることができ、もちろん入場料はかかりません。
冬は基本的に波が高く、シュノーケリングはNGなので、4月~11月くらいまでに行くのがオススメです。
近場では数々のカラフルな魚たちを見ることができ、少し遠くまで行くとカメと一緒に泳ぐことも運が良ければ可能です。
マウイ島で屈指のシュノーケリングスポットであること間違いなしです。

マカプウ・ポイント灯台

レンタカーを借りてオアフ島を回る方には、東端の岬マカプウ・ポイントからの絶景をお勧めいたします。
一面の青い海と、ウサギの形のラビット・アイランドや、冬季にはザトウクジラが見れるチャンスもあります。
展望台までは、舗装路を徒歩で登っていくことになりますが、その苦労も吹き飛ぶ絶景を見る事ができるはずです。
途中に見える小さな赤い屋根のマカプウ灯台も一見の価値ありです。

ワイキキ水族館

規模は小さいながら、オープンから110年以上の歴史があり、展示内容の充実度もハイレベルなワイキキ水族館。
ハワイにしか生息していない珍しい生物やハワイアン・モンクシール(ハワイアン・モンク・アザラシ)も間近に見ることができ、世界中の旅行者が訪れるアトラクションとなっています。
意外に知られていませんが、ハワイに生息する海洋生物の約3割がハワイ固有種、つまりハワイ以外では見られない稀少な生物なのです。
そういった珍しい生物が数多く見られるのが、この水族館の魅力。
展示の目玉として、ハワイにもわずか1,060頭ほどしか生存しておらずハワイの主要な島では153頭と言われるハワイアン・モンク・シールや、生きている貝としては世界一巨大なシャコ貝、
ミニチュアの龍のようにも見えるシー・ドラゴンなども。
小さなお子様連れのご家族にもお薦めな、実に年間35万人が訪れる、人気施設となっています。

ココヘッド・トレイル

ココヘッドはオアフ島の東側に位置する標高368mの山で、ココヘッド・トレイルとは正式にはコーコー・クレーター・レイルウェイ・トレイルと言います。
第二次世界大戦中には山頂に通信基地が置かれていて、そこまで物資を運ぶためのトロッコが運行されていました。
戦後、このトロッコは廃線となり、現在は頂上に向かって一直線につながっている線路後だけが残されていて、この線路の枕木、1048段を1段ずつ登っていくトレイルをココヘッド・トレイルと呼んでいます。
体力的にかなりキツいトレイルですが、頂上からの眺めは他では味わえません。
360°パノラマの絶景を見る事ができます。

マノア滝

ダイヤモンド・ヘッドや、ココヘッドなどのように、ハワイはビーチだけでなく山でのトレイルも人気のレジャーになっています。
しかし、そこまで体力に自信がないという方には、気軽に大自然を体験できるマノア滝でのトレイルはいかがでしょう。
マノア滝へは、ホノルルから車で20分程で着きます。
熱帯のジャングルのような大自然の中を奥あるマノア滝を目指して進みます。
片道1時間もかからない距離で、山道というほど急でもありませんので、初心者でも楽しむことができます。
目的のマノア滝は落差約60mで、その姿の美しさにも驚くはずです。

ポリネシアカルチャーセンター

太平洋のポリネシアには、ハワイも含まれておりハワイをはじめポリネシア伝統の文化や、ダンス、食事などを体験することのできるレジャー施設が、このポリネシアカルチャーセンターです。
東京ドーム約3個分の広大な空間の中では、すべての村とアクティビティを体験すると16時間もかかるという充実ぶりです。
カヌーライドや、ハワイ最大級のイブニングショー、ハワイアンジャーニーなど様々なパッケージが用意されています。
迫力のダンスショーや、洗い落とせるタトゥーペイントをしての村ごとでのカルチャー体験など丸1日使っても楽しみきれないおススメのテーマパークです。

シャングリラ(ホノルル美術館)

ダイヤモンドヘッドの麓にあるその邸宅の名は、シャングリ・ラ(理想郷)。
道路からは白い外壁が見えるだけの閑静な佇まい。
でも、一歩中に入ると、海に面した5エーカーの広大な敷地に、イスラム美術の贅を尽くした見事な大邸宅が建っているのです。
この邸宅の持ち主はドリス・デューク(1912~1993)という一人のアメリカ人女性。
どんな生涯を送り、どのような思いをこの大邸宅の建築に込めたのか。
邸宅の鑑賞ツアーに参加しながら、その不思議な世界をのぞいてみましょう。
現在、シャングリ・ラは美術遺産として、ドリス・デューク慈善財団によって大切に管理されていて、ホノルル美術館が主催する小人数・完全予約制の鑑賞ツアーでのみ一般公開されています。
豪華なイスラム様式の造りや装飾、調度品に目を奪われます。
ツアーの参加者は、当日はホノルル美術館にも無料で入ることもできます。
日本とは違い、作品の前には柵もなく本当に間近までよって世界の巨匠の作品を見る事ができます。
あわせて訪れたい場所ではないでしょうか。

ハワイを満喫できるオアフ島、海外旅行保険も忘れずに!

いかがでしたでしょうか?
今回は、ショッピングなどの楽しみ方とは別に、体験することに注目した観光スポットを紹介してみました。
もちろん、ここでは紹介しきれないほど、ハワイ・オアフ島の観光スポットはたくさんあります。

ホノルルの中心地を一通り楽しんだ後は、少し足を伸ばせば気軽にハワイの自然や文化を楽しめるはずです。
ぜひ、今回紹介したスポットで、知らなかったという場所があれば訪れてみてはいかがでしょう。

海外旅行へ行く際は、海外旅行保険も忘れずに!
三井住友海上の海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」
なら、ネットで簡単お申込み!
当日のお申込みもOKです!


幅広い補償内容と充実のサポート内容で、ご契約件数250万件突破いたしました!
海外旅行へご出発の際は、ぜひお申込みください。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

人気記事ベスト5

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる