お知らせ

定番の人気スポットだからこそ押さえておきたい情報! マレーシア編

2018/06/29 海外旅行保険

三井住友海上海外旅行保険 「ネットde保険@とらべる」取扱代理店ニュータスのサイトをご覧の皆様
本サイトの管理人です。

7月も目の前、もうすぐ夏がやってきます。
そして、もう夏休みの予定もたてている人も多いのではないでしょうか?
まだの方には、いまからでも間に合う海外旅行先として、夏を満喫しつつ、ゆったりとしたヴァケーションを過ごすのに東南アジアの「マレーシア」などはいかがでしょう。
今回のお知らせは、リタイアメント後の定住先としても人気のマレーシアの魅力をお届け致します。
 

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

定番の人気スポットだからこそ押さえておきたい情報! マレーシア編

国名 マレーシア

面積 33万平方km

人口 約3,119万人

首都 クアラルンプール

宗教 国教はイスラム教、他に仏教、ヒンドゥー教、
   キリスト教など

公用語 マレー語、英語も十分に通用します。

通貨単位 マレーシア・リンギット

チップ 基本的にチップの習慣はないが、観光地では習慣となりつつあります。

時差 日本から-1時間
   日本からのフライト時間は直行便で約7時間。
   クアラルンプールへの直行便はマレーシア航空と日本航空、全日空、エアアジアXが運航している。
   また、マレーシア航空がコタ・キナバルへの直行便を運航している。

財団法人ロングステイ財団の調査によると、マレーシアは2016年まで
11年連続で日本人が住みたい国の第1位に選ばれています。

そんなマレーシアの魅力はどこにあるのでしょうか?

多種多様な民族と文化

マレーシアでは、マレーシア人、中華系、インド系、中東系など多くの民族と文化が混在しています。
そもそも他民族国家である為、外国人にも寛容な国民性があり、日本人の下手な英語にも、親切に対応してくれる姿に、旅行者は親近感を覚えるそうです。

物価が安い

マレーシアの物価は、隣接のシンガポールと比べてもかなり安いです。
シンガポールの物価の約3分の1程度で、タイと比べても同程度の水準です。
旅行中にローカルフードを楽しむのには嬉しいですね。
ただ、ビールやアルコールは日本とそんなに変わらない価格になっていますので、注意が必要です。
また、マレーシアも経済成長による物価上昇が起こっており、やはり買い物にはお財布との相談が不可欠です。

大自然

マレーシアは赤道に近い、熱帯の気候です。
面積の多くは大自然に覆われ、地上のみでなく、海にも南国の魚たちが生息しています。
国内の面積の6割にもおよぶボルネオ島では、キナバル山への登山や、ジャングルでの野生動物ウォッチング、海では綺麗なビーチでのレジャーやスキューバーダイビングなど大自然を満喫できます。

これだけでも色々な顔を持ち、懐の深い国、マレーシア!
急速な近代都市化と歴史のある旧市街、様々な文化の融合など一回訪れただけではなかなかその全貌を感じる事は難しいほど魅力のある国ではないでしょうか?

では、マレーシアの首都であるクアラルンプールからご紹介を始めていきます。

首都 クアラルンプール

まず最初にはマレーシアの首都にして、最大の都市であるクアラルンプールについてです。
マレーシア旅行では宿泊先など旅行中の起点となる場所です。
市内観光や、ショッピングはやはり外せませんので、クアラルンプールの定番スポットをご紹介していきましょう。

ペトロナス・ツイン・タワー

街を象徴する建物として、まずは「ペトロナス・ツイン・タワー」です。
地上452m、88階建てで、ツインタワーとして世界最大です。
170m地点にあるタワーを繋ぐスカイブリッジと、370m地点の86階展望台へは事前にチケットの購入が必要です。

KLタワー

ツインタワーと並ぶクアラルンプールのランドマークとして「KLタワー」も
有名です。
こちらのKLタワーは高さ421mで360度を見渡せる展望台があります。
地上300mにあるスカイデッキには、四方をガラスに囲まれた「スカイボックス」があり、ガラスの床になっているこのボックスに1度に6人まで入室可能となっています。

歴史の街 マラッカ

マレーシアには、世界遺産が4つあります。

1マラッカ海峡の歴史的都市群(マラッカとジョージタウン・文化遺産)
2キナバル自然公園(自然遺産)
3グヌン・ムル国立公園(自然遺産)
4レンゴン渓谷の考古遺産(文化遺産)

その内、西マレーシア側には「マラッカ海峡の歴史的都市群」と「レンゴン渓谷の考古遺産」があり、共に文化遺産になっています。
西マレーシアがメインの旅行スケジュールでしたら、クアラルンプールも比較的近く、見どころもたくさんあるマラッカに訪れることをお勧めします。
 

マラッカは近代的なクアラルンプールとはまったく趣が変わり、歴史的な建物が軒を連ねています。
ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の中継点として繁栄してきた歴史があります。
ポルトガル、オランダ、イギリスと ヨーロッパ列強の国々に支配された影響と、東西貿易の中継点として類稀な文化が形成された事が評価され、「マラッカ海峡の歴史的都市群」として世界遺産に登録されました。

セントポール教会礼拝堂史跡

ポルトガル軍によって1521年に建てられました。
日本でもお馴染みのセント・フランシスコ・ザビエルは1545~1552年の期間に定期的にこの教会を訪れ、布教活動を行っていました。
中国の布教活動中、熱病に冒され殉教した後、その聖骸が9ヶ月の間この教会で安置されていました。

クライストチャーチ

キリスト教(プロテスタント)教会として1753年にオランダ人によって建設されました。
建設は、オランダがポルトガルを駆逐しマラッカを占領した100周年の記念事業として1741年にスタートしました。
完成まで12年の歳月がかかりましたが、独特なオランダ建築を250年経った今に伝え残しています。

ボルネオ島


マレーシアはマレー半島で、首都クアラルンプールがある西マレーシアとボルネオ島の東マレーシアとに分かれています。
ボルネオ島の東マレーシアはマレーシアの国土の約27%を占めていますが、人口は全体の2割ほどしかいません。
まさにマレーシアの大自然を堪能したいなら、ボルネオ島を訪れなければ十分とは言えません。
世界遺産も、キナバル自然公園とグヌン・ムル国立公園はボルネオ島の自然遺産です。
ジャングル・トレッキングや登山、またボルネオ島周辺は世界屈指のダイビングスポットでもあります。

キナバル山

キナバル山はマレーシア・ボルネオ島コタキナバル郊外に位置する山です。
標高4,195mにて東南アジアで有数の高さを誇ります。
熱帯雨林茂るジャングルから草も生えない岩稜帯まで変化のある自然とダイナミックな眺望がお楽しめます。

マレーシアで起こりうるトラブルは?

安全といわれるマレーシアでも近年ではスリなどの犯罪が増加傾向にあります。
近場だからといって海外旅行保険への加入を怠らず、万一に備えて加入をおすすめします。

三井住友海上の海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」なら、
スリや盗難に遭った際の携行品損害補償もついているので、安心して旅行を楽しむことができます。

携行品損害についてくわしくはこちら

今回のマレーシアについては、大まかな概要としての情報で、まだまだその魅力を伝えきれないマレーシアですが、治安、病気などご注意いただかなくてはいけないこともあります。
どの国への旅行であろうとも、トラブル時に現地から日本語対応の窓口へ連絡出来る事は、大きな安心ではないでしょうか?
そして、損害・被害を補償する海外旅行保険のご準備をお忘れなく、楽しいの旅行を楽しんでいただければ幸いです。

三井住友海上 海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」は、インターネットからお得にお手続きいただけます。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+

保険のお申込み

\ 当日でもお申込みOK!/

海外渡航期間により、お申込みフローが異なります。下記いずれかをご選択の上、お申込みください。

92日以内の海外渡航の場合

旅行・出張等の92日以内の一時滞在の場合はこちらからお申込みください。
ご出発当日(ご自宅出発前まで)でもお申込みいただけます。

海外旅行保険を申込む

93日以上の海外渡航の場合

留学・ワーホリ・駐在・長期出張等の93日以上の長期滞在の場合は、長期滞在者向け海外旅行保険をご利用ください。

長期滞在者向け海外旅行保険

閉じる